【車中泊準備】自作サンシェード

patakko

過去に何回か車中泊を経験してきて必需品やあったらいいな、というアイテムを私の感覚でまとめて行こうと思います。
単純に調べたり自分で作ってみたり準備しているこの時間が楽しくて完全自己満足の世界です。

* * *

まず真っ先に用意しておきたい必須アイテム。

その1、全窓サンシェード

車種専用の全窓シャンシェードが販売されていたり、簡単取り付けカーテンというアイテムがあります。
参考までにこんな感じです。



↑間切カーテンとか↓専用車種用のサンシェードがあります。



ですが、専用車種用のサンシェードのお値段がとても良いお値段でして・・。
私の愛車の専用サンシェード(全窓10箇所)で2万円超え。
どうする?買っちゃう?いや待てよ。使用頻度と今後の事をよく考えてポチるのは辞めておこう。
ひとまずひとまず1週間待とう。それまで情報収集して納得行く結論を出せば良い。

お金に余裕があって自分で作ってる時間なんてない!という方はポチってしまったほうが時間的節約になりますね。
でも、自分で作って半分いや四分の一で作ることができたら浮いたお金でなにが出来る?
なにが買える?ランチ何回行ける?

1週間も経たないうちに結論が出ました。
自分で作ることにしよう!

結論が出たら早速作業開始です。
まず、なにが必要か書き出します。

【必要物品】

・マジックペン(赤とか目立つ色)
・新聞紙
・ダンボール
・ビニルテープ
・はさみまたはカッター。
・緩衝材に使うプチプチ
・銀マット(厚み4-8mm、なるべく大きく長いタイプの物を選ぶ)



【作業工程】

①全窓の型取り。
新聞紙か大きめのいらない紙を窓枠に仮止めで大丈夫なので貼り付けて、マジックペン(黒以外の目立つ色おすすめ)で窓の型取りをする。

②ダンボールを窓の型に合わせて切り取る。
作業時、床や畳に傷つかないように保護忘れずに。

③型どったダンボールをベースに、緩衝材、銀マットを両面貼り付ける。

④透明のビニルテープで周りを貼り付ける。

⑤黒いビニルテープで仕上げ。

全窓の型取りが済んでしまえばあとはスムーズに作業進めることができます。
車内の限られた空間で型を取る作業は地味に大変でした。
すべてを私一人で行ったので、またちょうど気温が高い日でしたので汗だくでサウナにいる体験をしながらの作業でした。

完成したのはこんな感じです。
写真上側が車後方になります。

車中泊準備サンシェード4

↑中から見た感じと、↓外から見た感じ。

車中泊準備サンシェード5

私の愛車は、フロントガラスを除くと小窓合わせて9窓あります。
なので9個作りました。
フロントガラスはすでに既成品を買ってあったので省きます。

車中泊準備サンシェード21

もう3年目になるのかな。
吸盤が弱ってきたのでホームセンターで買って交換済です。
でもやはり吸盤が日に日に劣化していくのでもうすこし対策を考えないとと思っています。
吸盤はまた次回にします。

作業進めていく内にいろんなアイディアが浮かび、ホームセンターや100円ショップへ買い物にいっては手を加えてみました。
いずれも100円ショップで購入したビニルテープ。
意外と強度と粘着力があって使える。黒い方は張り直しもしやすくて良いです。

車中泊準備サンシェード6

ダンボールに緩衝材&銀マットを型どって透明ビニルテープで固定して黒いテープを貼ってからの話です。

車中泊準備サンシェード7

ホームセンターで大きめの強力吸盤を買ってきて付けてみました。
この時点で厚みが1cm以上はあり中心にダンボールがあるので穴開ける時はドライバーか先端が尖ったものでグリグリ穴を開けてから吸盤を差し込みました。

↓こういうのです。


そして、吸盤の頭に紐を結んで引っ張りやすくしてみました。
紐はアウトドアショップで1m50円位だったと思います。多分。
そのあと、黒テープを貼り付けます。

車中泊準備サンシェード8

最後に、どれがどこの窓用かわかるようにこれもまた100円ショップで購入したシールを貼ってみました。

車中泊準備サンシェード3

車中泊準備サンシェード10

車中泊準備サンシェード12

ひとつひとつ確認していると、さくらお嬢がやってきました。

車中泊準備サンシェード9

サンシェードだけどマットとしても快適だよね。
そうなんです、厚みもあるので敷物としても使えます。

車中泊準備サンシェード11

銀マットでダンボールと緩衝材をサンドイッチのように挟んでいるので保温性もあります。

車中泊準備サンシェード13

真夏はどうする?
真夏はこの商品の類似品をもっているので併用する形で考えています。



といいつつも、2年間しまいっぱなしで一度も使ったことありません。
防犯的にはどうなんだろうか。
キャンプ場で車中泊とかだったらまだいいけど、それ以外の場所だとちょっと心配だな。

そして、銀マットのままでも良いのですが、黒テープが余ったので全面に貼ってみました。
コレはコレで目隠しになっていいかも。

車中泊準備サンシェード14

それでは、設置してみようようと思います。
設置前。

車中泊準備サンシェード15

設置後。

車中泊準備サンシェード16

中からはこんな感じ。

車中泊準備サンシェード17

私が型取りして作ったので完全には型があいません。
ですが、それもまた味だと思ってよしにします。
私の性格上、80%できていれば良いという性格なので私の中では上出来!

車中泊準備サンシェード18

前のドアは外から完全に丸見えになるので、黒テープで貼り付けてあります。
完全に見えなくなりました。

車中泊準備サンシェード19

ここからは私の性格が丸出し写真です。

車中泊準備サンシェード22

サイズが足りなかったり、逆に余ってしまったり。
でも余ったら折り曲げて押し込んじゃえばいい。
足りなかったら足りなかったで気にしない。

車中泊準備サンシェード23

撮影時は真っ昼間ですが、暗くなり室内ライトつけると銀マットのお陰でかなり明るくなりました。
ライトは省エネモードで使っても快適に過ごせることがわかりました。

車中泊準備サンシェード120

そして、保温性に優れているので日中は暑く春なのに汗いっぱいかきました。
実際に使ってみて不具合があるようなら手を加えていこうとおもいます。

車中泊準備サンシェード2

使わない時は、こうしてまとめてゴムバンドで留めておきます。

車中泊準備サンシェード1

そうそう、大事な事忘れていました。
私の愛車専用サンシェードを正規品で購入すると2万円超え。
今回私がホームセンターや100円ショップで購入した総額は5000円でお釣りがくる額。
四分の一の予算でサンシェードを作ることが出来ました。
お金は浮くし物を作るっている時間は最高に楽しい!

さて次は、車内を快適にすごせるためのアイテム扇風機です。






     いつもありがとうございます
1_2017092208325922d.jpgにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 20141029212711c21_20170922083300d1a.png
           にほんブログ村 人気ブログランキング


web拍手 by FC2
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.