patakko

patakko


9月21日(土)

長野県松本市と安曇野市にまたがる
飛騨山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある
標高2857mの常念岳と標高2677mの蝶ヶ岳へ登ってきました
(※さくらは留守番)

●コースタイム(日帰り)●
5:05登山口→8:49常念岳9:16→11:58蝶ヶ岳ヒュッテ12:25→
12:26蝶ヶ岳12:51→15:03登山口  (山行時間10時間)
さくら隊長“山行記録のページへ”をクリックするとヤマレコに飛びます!

3連休初日とあって 道や駐車場の混雑が予想されたので
前日の20日夜22時自宅を出発し21日深夜0時に現地着
車で4時間程仮眠を取りスタートです (既に満車超)
常念岳1
三股登山口で登山者カード提出
(コース・人数・代表者の連絡先など記入)
登山
熟読してから出発 常念岳を目指します
常念岳2
真っ暗で肌寒かった陽気から 日の出と共に明るく快適温度へと変わります 改めて太陽のありがたさを実感
登り始めからぐんぐん標高を上げていきます 
常念岳3
私が好きなタイプの登りでアドレナリンが出始めてきました
木々の間からこれから行く稜線を確認
常念岳4
ぐんぐん 標高を上げていきます
常念岳5
しばらくすると樹林帯を抜け景色が開けてきました 天気も最高
常念岳6
ここからは岩場をひたすら登っていきます
常念岳7
丸印や矢印またはバツの目印を確認しながら
常念岳8
登っていきます
常念岳9
足場や頭上など安全確認しつつ景色を楽しみます
常念岳10
風は穏やかで静かな空間に微かに聞こえる可愛い声
居ました雷鳥 
常念岳11
しばらく雷鳥との時間を過ごし進みます 
常念岳12
左奥に穂高が見えてきました 感激のあまりめまいがしました
常念岳13
少しずつ 色がつきはじめ
常念岳14
紅葉シーズンの始まりです
常念岳15
前常念岳に到着
常念岳17
少し立ち止まり来たルートを確認です (右手前尾根)
常念岳16
ゴツゴツとした岩場をさらに突き進みます
常念岳18
トレランらしき登山者のペースが良かったので便乗します
常念岳19
バツ印あり 右下へ続く登山道は現在廃道
常念岳20
いよいよ目的地の常念岳が見えてきました (左側にあるピーク)
常念岳21
黙々と歩き続けると 
常念岳22
パタ君だけ雷鳥と間近でご対面 ランタくんと勝手に命名
常念岳23
私は気づかなく分岐点まで来ます ここを左へ進みます
常念岳24
この登りをクリアすれば常念岳山頂
常念岳25
間近にそびえる山々を栄養源に 行き交う登山者と笑顔で挨拶
所々で聞こえる感激の雄叫び・・いろんな思いを抱きながら
着きました 常念岳山頂
常念岳27
素晴らしいです 感激です 嬉しくて 嬉しくて泣けました
常念岳28
富士山までずっと姿を見せてくれていて 感激です
(デジカメ望遠撮影にて霞んでいた為 編集加工してます)
常念岳26
一度はこの目で見たかった景色 聞く人皆が口をそろえて言う
「北アルプスの景色は絶景 一度登ったら虜になるよ」
初めてその言葉の意味を実感することが出来ました
ずっと見てみたかった槍ヶ岳も目の前にある
常念岳29
次登ってみたい穂高もこんな近くに見える
常念岳30
しばし栄養補給を取りつつ常念岳からの景色を堪能します

頭上から聞こえてくるおじさまの会話 
「いま山頂に着きました 天気は良く山も綺麗に見れて最高です」
おじさまは満面の笑みを浮かべながら奥様へ電話連絡されていたようでした 栄養取りながらも心のなかではおじさまの気持ちに共感していた私でした

このあとは蝶ヶ岳へむけ出発です



いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

関連記事
最終更新日 2015年10月18日
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
りんこ  
no subject

すごすぎる~~~
10時間!!! 
えっーと。5時間の低山で疲れてしまったワタクシ。
心底運動不足を痛感です (≧m≦)
トレーニングしなきゃダメだわね。

天候に恵まれ、雷鳥に挨拶しながら、稜線を歩く・・・
もう最高だね!
こちらまでパタコさんの感動が伝わってきたし
まるで自分にも爽やかな風が当たるようです (o^-^o)

でもあの時間で満車なんてすごい人気。
みんなあの景色を求めてひたすら登るんだね。

こっちまで爽快な気分にしてくれてありがとう (^○^)



2013/09/23 (Mon) 11:16 | EDIT | REPLY |   
さくらん  
no subject

ほんとだ~10時間ですね
ずっと登り続けるんですよね
写真にはパタ君さんしか写ってないけど、写したのはpatakkoさんなんですよね
すごすぎです。本物すぎです。「嬉しくて泣けました」が<ジンときます。
ずっと見たかった景色・・・いいなぁ。そうして思い続けて努力して夢が叶うんですよね。
・・・ワタシも見たい・・・
やめときましょう。山登り10訓を熟読して理解しました・・・
patakkoさん、本当に、素敵な景色をありがとう。
後半が待ち遠しい!

2013/09/23 (Mon) 14:28 | EDIT | REPLY |   
*はなママ*  
no subject

パタコさん、ほんとに山がすきなんですよね(*^^*)
10時間、それも岩場もありですもんね。
登った人にしか味わえない素晴らしい景色なんでしょうね。
これがあるからやめられないのですよね(*^^*)
パタ君と一緒に登れるのもいですよね。
さくらちゃんは、これは無理ですね。
残念ながらお留守番ですね(^.^)

2013/09/23 (Mon) 23:49 | EDIT | REPLY |   
トミー  
no subject

こんばんは☆
すばらしい景色ですね!
お天気もよくて、最高の登山日和でしたね~(*´∀`*)
patakkoさんの記事を拝見して、
御岳山のハイキングで満足していた自分が
ちょっとはずかしくなりました…ヾ(;´▽`A``(先日行ってきたのです)
私もいつか、北アルプスの景色を見てみたいです。


10月に吹割の滝に行かれる予定なんですね♪
紅葉していると、また違った雰囲気でしょうね~。
patakkoさんたちだったら、
1周ぐるっとコースも楽勝でしょうね☆

2013/09/24 (Tue) 00:10 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:りんこさんへ

りんこさん こんにちわ

帰宅早々 筋肉痛でロボット歩きの私です^^;
今回の山行は 天気にも恵まれ 雷鳥や紅葉などなど 
普段味わえない山旅をすることができて いまだに感動しっぱなしです
南アルプスも好きですが 北アルプスの雄大さを知ってしまうと虜になってしまいます
毎日 山の写真を見ては 感動して思い出してます

この日は3連休の初日なので 全国各地から登山しにこられてました
駐車場に収まりきれず 林道2キロ先まで縦列駐車して停めてました
「ここから歩くの大変だよね」とはなししながら どこまでも続く車の列に驚きを隠せませんでした

写真を通じてですが 爽快感を味わってもらえて 私は嬉しいです(●^o^●)

2013/09/24 (Tue) 14:23 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:さくらんさんへ

さくらんさん こんにちわ

今回の山旅は グーンと登って横移動して細かなアップダウンがあって下るという感じのコースでした
登っている時は アドレナリンの分泌が盛んなので 疲れとか恐怖心とかなく
ぐいぐい行けるのですが 細かなアップダウンが続くと 気持ち的に落ちます^^;
はい パタ君がリーダーで常に先頭にいるので 私はパタ君の後ろにくっついて登ってます
写真もほとんど私がカメラにおさめたものです

ずっと 自分の目で見たかった景色でしたので
言葉にどう表してよいのかわからないぐらいのうれしさと興奮状態でした
前回登った 鹿島槍ヶ岳では ずっとガスっててこういう絶景を見ることできなかったので
余計にこの山が好きになりました

写真を通じて 私の想いや絶景が伝わってくれたのであれば
私は嬉しいです(^▽^)

2013/09/24 (Tue) 14:29 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:*はなママ*さんへ

*はなママ*さん こんにちわ

はい 山大好きです
山の中にいると 自分と対話が出来て 
嫌な想いとか 体に溜まったデトックスとか うまく浄化できて前向きになれるのです
凄く心地良くて 好きですね~♪

正直 キツイ時もありますけどね
怪我して 痛みと闘いながら登り続けることもあるし
変な虫が体にくっついたり刺されたり カサカサと音がして恐怖を感じたり
でも 全部ひっくるめて 山は大好きです
大自然の中にいれば 自分を客観的に見れて ちっちゃなことを気にしなくなります

北アルプスには高山植物とか雷鳥が生息しているので
さくらは立ち入れないのです こんな足場が悪いところに連れて行くのは危険ですし
さくらに何かあった時に 責任持って対応出来る自信がないですからね

2013/09/24 (Tue) 14:36 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:トミーさんへ

トミーさん こんにちわ

今回の山行は 文句なしでした!
天候も安定していて 絶景を眺めながらの登山
行き交う人々の顔には笑みがこぼれていて 全体的にハッピーな感じが漂ってました

トミーさん 御岳山へ行かれたのですね
その時のレポ 楽しみにしてます
あっ プレッシャーになるといけないので 首を長くして待ってます(●^o^●)
あっ あと・・
全然 恥ずかしいなんて無いと思います 
自分の足で登った山はどこの山でも最高だと思います
標高が高いから凄いとか 低山だから・・という概念は私にはなく
どんな山行をして どんな影響や感動をしたかで 良かったとか物足りなかったとか
自分の中で想い出として残してあります
トミーさんが山で感じた事とか 発見とか 写真やブログを通してシェアさせて貰えたら嬉しいなって思ってます!

吹割の滝は 10月中旬以降に行こうと思います
いまは グルリと1周 歩くプランで予定立ててます

2013/09/24 (Tue) 14:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply