patakko

patakko


草津温泉・湯畑散歩を楽しんだ後は、徒歩で西の河原公園へ向かいます。
読み方は、「さいのかわら」です。

湯畑からは案内板に従って移動していきます。

西の河原1

西の河原2

約10分程で西の河原公園につきました。

西の河原3

西の河原公園は、河原のあちこちから毎分1,400リットルの温泉が湧き出し、湯の川となって流れ出しています。
実際触れてみるとぬるかったです。

西の河原4

でも、こちらは湯気が立っていました。
場所によってお湯の温度が変化しているようです。

西の河原5

視線を反らすと、鬼の絵が書かれてあったのでちょっと立ち寄ってみました。

西の河原6

【鬼の茶釜碑】

西の河原8

なんて書いてあったかと言うと・・
『わき出る湯口はわれもおそろしや鬼の茶がまの湯土産噺』

えーっと、説明書きを見ると・・
湧口は茶釜が沸騰するように異様な音を立ててお湯を吹き出し、その湧口に人が近づくと、足もとから音がぴたっと止まる。離れるとまた音がなりだす不思議な湧口として怖がられ、誰いうとなく「鬼の茶釜」の名がづけられた。と書かれてありました。

西の河原7

なるほど!

西の河原9

鬼の茶釜碑からすぐそばにあるのが、穴守稲荷神社。
後で知ったのですが、境内の砂は「招福の砂」といわれ、持ち帰ってそれぞれの場所に蒔けば御利益があると伝えられているんだそうです。
この時は、まったく情報がなかったので立ち寄りもしませんでした。残念。

西の河原10

「おいしい清水です」と書かれてあったので、1杯頂きました。
後から来たおばさまも美味しそうにごくごく飲んでました。

西の河原11

ゆっくりと歩いていきます。

西の河原12

西の河原13

足湯している人がいて、タオル持ってくればよかった。と軽く後悔しながら指を咥えて見てました。

西の河原14

そんな残念がる私を、にこにこしながら見ていたさくらが居て笑ってしまった。

西の河原15

さくら可愛い。
さくら可愛いから、足湯諦めるよ。

西の河原16

ということで、気持ち切り替えてつつじを見に来たのですが・・ない。
もう時期が終わりなのかな。

西の河原17

引き返した時に、一輪だけ見つけました。

西の河原18

これはこれで風情があっていいね。

しばし東屋で小休憩を挟み、チェックインの時間が近づいてきたので宿に向かう事にしました。
でもその前に、グーグルマップでルート確認。徒歩で約20分。
案内開始して、私達も動き始めました。

宿の近くの森林浴コース。
あまりにも雰囲気が良かったので、すこしだけ遠回りして宿に向かいます。

宿1

宿2

宿3

ウォーキングコースとサイクリングコースが設けられてありました。
でも、さくらが「もういい!」って珍しく拒否ったのでおとなしく宿へ向かいました。

日向は汗ばむ陽気だけど、日陰はひんやり気持ちいい。
森林浴コース、最高!




      いつもありがとうございます
1.jpgにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログバナー20
    にほんブログ村  人気ブログランキング


web拍手 by FC2

関連記事
最終更新日 2016年07月02日
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply