patakko

patakko


9月22日~23日
信越五岳トレイルランニングレース2015が開催されました。

今回も運良く参加できることになったので、
パタ君の応援に行ってきました!

* * *

9月21日(月)

大会前日に受付を済ませておきます。
(レストランハイジにて。)

大会13
(↑駐車場、大会当日朝は満車です。)

大会12

当日は、朝5時30分スタートなので前日に写真撮っておきます。

この大会は前泊が条件。
パタ君は、大会の説明やパーティーに参加後、指定された宿で過ごします。
私達は、わんこOKの宿を探したので別々に過ごします。

* * *

9月22日(火)

大会当日。
朝4時にパタ君の宿にお迎えに行き、
持ってきた鍋焼きうどんとレストランハイジにて朝食を摂ります。

5時頃、選手の皆さんがゲート前に集まってきました。
いよいよこの時がやってきたって感じがします。

大会1

私たちは、お見送りしやすい場所で待機です。
5時30分、スタート。

大会3

信越五岳を結ぶ全長110kmの壮大なコース。
制限時間22時間で走り抜ける大会が始まりました。

さくら隊長“山行記録のページへ”をクリックするとヤマレコに飛びます!

(パタ君は途中棄権の為、走った分しかログがありません。)

トップランナーが走り去った後、パタ君の姿を見つけました。
「パタ君、いってらっしゃ~い!」

大会4

総勢700人弱のランナーがスタートしていきました。

大会6

スタート地点で見送った後は、
山の中腹手前付近で応援します。

大会7

ぞろぞろっと列を作って移動していきます。

大会8

私達が応援地点に到着する前に、トップランナーが通過していきました。
(どんだけ早いんだ~!とびっくり。)

大会9

パタ君を待っている間に陽が登ってきました。
しばらくするとパタ君が見えたので2度目のいってらっしゃいをします。

応援の人も沢山なので、早めに車へと戻ります。
ゲートも撤去にとりかかってました。

大会10

会場を後にする前に振り返ると、
中腹に小さなランナーの皆さんが見えました。

大会11

拡大してみると・・

IMG_9341.jpg

後ろの方は歩いていたけど、早い方は走ってました。

* * *

今回応援するポイントは3箇所。
4A黒姫高原:第一関門(51.5km地点)
5A笹ヶ峰高原乙見湖:第二関門(66.6km地点)
8A戸隠スキー場ゲストハウス岩戸:第三関門(92.3km地点)

13時頃。
黒姫高原の応援ポイントに到着。

エイド1

待つこと40分ぐらいかな。
パタ君の姿を発見しました。

エイド2

両手にいっぱい食べ物や飲み物を持って補給してました。
「笑顔ちょうだい!」って言ったら笑顔だったのでまだ大丈夫そう。
休憩もそこそこに走りだしていきました。

エイド3

異変が現れたのが、2回目に応援する乙見湖付近。
あともう少しでエイドという所で胃腸に不調現れ遅れが出始めました。
到着予想時刻を40分程オーバーしてなんとか乙見湖までこれました。

ここで、パタ君の好きなお吸い物を作ってあげます。
夜間走行に備えた準備とウエアチェンジをします。
足がパンパンだったので可能な限りマッサージを施します。

ここで30分ぐらいはやすめたのかな。
立ち上がり荷物を背負い動き出したので送り出します。

* * *

21時。
戸隠スキー場に到着。
到着予想時刻から約90分待ちパタ君と落ち合うことが出来ました。
外は寒いので車内で待機してました。

ここの区間は電波入りますが、
移動途中パタ君から連絡入っても電話もメールも繋がらず困りました。
後で確認したら、遅れるという内容でした。

パタ君からエイドに着いたと連絡が入り急いで駆けつけます。
パタ君の表情はやつれた感じで元気が見られません。

エイドで貰ったスープは2口位でもういらないと。
「カップ麺作って!」とのことで、作ってあげるもすすることもできない。
箸を持つ手がガクガク震えだし箸も持てない。
完全に体が冷えきってしまったのであるもので保温しホカロンで温めます。

一方、周りに居るランナーさんはまだまだ元気。
「おかわりくださーい。ネギ入りで!」って食欲旺盛だし、
「これからあの山登んだぜ~♪楽しみ!」って話してました。

この差はなに?って思いましたが、コレが現実なんだなと思います。
「何があってもゴールまで行くように言って!」ってお願いされたけど、
とてもそんなこと言えるような状況ではありませんでした。

「これから先、楽しんで山登れる?」
「楽しんで登れるならゴールまで頑張って欲しいけど・・」

私の問いかけにうつむき無言のパタ君。
しばらくして「後悔したくない」とパタ君。

でも、こんなに体が震えていて食事も摂れないとなると、厳しいかなと。
パタ君母ちゃんも一緒だったので、しばらく話をして過ごします。

その後、すっと立ち上がりリタイア申請に行き、
パタ君の山旅はここで終わりとなりました。

お疲れ様でした。

* * *

さぁ、ここからが私達の出番。
ゴール地点にパタ君の荷物を預けてあったので、
ゴール地点へ行って荷物を受け取りパタ君を宿まで送り届けます。

フラフラでネムネムのパタ君を部屋まで送り届けてから、
私達の宿へと戻ります。

私達の宿についたのは、0時30分頃。
なが~い1日は終わりました。

ちなみに、さくらはパタ君父ちゃんと宿でお留守番してもらってました。
待ち時間と移動時間が長くて可哀想なので連れ回すのやめました。

* * *

今回から導入されたサービス。
“WEB速報サービス「TRAIL SEARCH」”
30分毎に1回の更新ですが、かなりありがたいサービスです。

数字をタップすると選手名一覧ページに飛んで、
名前をタップするとその選手のタイムや順位を確認することができます。

IMG_8787.png

スクリーンショット4
(完走された方には何も付きません。)

パタ君が、やっと半分まで来たという所で、
トップ選手はフィニッシュという現実。
速報見ながら「はやーい!」と驚きの連続でした。

今まで、大会運営者のところへ行って情報頂いていましたが、
サービス導入のおかげでいつでもチェックできるのは有りがたかったです。


最後に・・
帰宅後、次の大会を探しているパタ君が居ました。
もう、短い距離の大会は出ないそうです。
長い距離の大会にはドラマがあるようなこと言ってました。




      いつもありがとうございます
1.jpgにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログバナー20
    にほんブログ村  人気ブログランキング


web拍手 by FC2

関連記事
最終更新日 2016年10月28日
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
para  
no subject

距離、長くなればなるほどいろんなドラマがありますよね。
パタ君、お疲れ様でした。
身体が冷えて、内臓も悲鳴を上げてしまったのでしょう。

多少の無理はしても無茶はしてはいけないのが基本。
悔しかったでしょうが次にまたつながりますね!
応援もお疲れ様でした。
レース中に食べられる強い内臓、大事ですね。
次も頑張って!!

2015/10/06 (Tue) 13:17 | EDIT | REPLY |   
*はなママ*  
no subject

110km、22時間のレースってすごいと思ったのですが、たくさんの人が参加するのですね。
パタくん、冷えてしまったのでしょうね。
食べないと余計に体力も落ちるしね、
残念だけど棄権して正解ですよね。
次にまた頑張ってもらえればいいですもんね。
応援箇所に移動するパタコさんもお疲れ様でした!

2015/10/06 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   
春桜  

patakkoさんとパタくんの絆を感じました。
パタくんは走っている中で、どんなことを考えているのでしょうね。
そしてパタくんのことを考えながらサポートするpatakkoさん、素敵ですね。
おふたりの絆の深さを感じます。
リタイアを判断する強さ。
そして次の大会を考えている強さ。
きっとおふたりの人生の中で何か大きな壁にぶつかっても
判断できる強さと前へと進むことの出来る強さがあるのだろうと思いました。
そのおふたりと一緒にいるさくらちゃんは、幸せだなぁ~。
私のほっぺに涙が流れました。

2015/10/07 (Wed) 09:12 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:paraさんへ

paraさん こんにちは。

やっぱり、山登りもそうですが、長ければ長いほど自然界の影響受けやすいし
自分の体にも異変が出てきちゃうし、その中でどうやってやりぬくのか。
というのが楽しみのひとつでもあるんですよね。

大会は、地域の皆さんも一緒になって運営されているので、
地元ならではの振る舞いや優しさを肌で感じることが出来るんだそうです。

具合が悪くて立ちすくんでしまった時も、
スタッフのおじさまが飴玉2つ差し出してくれたんだそうです。
普段、生活していたら味わえないことですからね。
苦しさの中での人の温かさにドラマがあるみたいですよ。

確かに。
こういう長いレースでは技術面もそうですが、内臓が強くないとやっていけないみたいです。
疲れてくると自然と内臓も疲れて食事取れなくなっちゃうし、
無理してとってもお腹痛かったりリバースしちゃったり。
かと言って、水分だけ栄養ドリンクだけだと途中でガス欠になって動けなくなっちゃうし。

パタ君の弱点は、寒さと胃腸が弱いところですね。
今回の大会前にかなり走り込みしていたので体力不足ということは無かったのですが、
食事が摂れなかったり、夜間走行に慣れてなくて冷えてしまったというのは、
もともとの体質というのもかるかもですが、内臓トレーニング不足なんでしょうね。

次回は、北関東のトレラン大会に出るみたいなので、
また応援にいくはめになるかと思います。
といっても、私はほとんど観光して過ごしているんですけどね。
あはは。

2015/10/08 (Thu) 12:25 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:*はなママ*さんへ

*はなママ*さん こんにちは。

そうなんです~。
すごい人数の方々が走るんです。
凄いですよね。
私だったら、お金貰っても出ないし、まず出場することすら出来ないです。

パタ君の弱点は、夜間走行に対する免疫と経験がまだ足りない所なんです。
今までに、夜間走行したことあるのですが、いずれもすぐ陽が昇るという時間帯。
この大会は、日中から夜にかけて走ることになるので、
気温も気持ちも下がる一方なんですよね。
そんな条件の中でいかに自分の体調を維持しつつ自分にあった栄養とウエアを身につけて走ることが出来るか。が完走するための鍵だと思うのです。
という私は、走ったことがないのでモノをいう資格は無いのですが、
完走されたかたのお話を聞いたり見たりすると、今のパタくんには無いものをもっているという事がわかったんですよね。

走り続けるか棄権するか。
こればっかりは、外野が色々言える立場ではないので、
本人が納得した答えを出してもらうしかないんですよね。
外野が色々入って棄権して、後から色々言われると嫌だし。
私が走っている訳ではないですからね。
棄権するか否かを決める時は、いつも以上に慎重に言葉を選んで発してます。
たかが大会。だけど、大会に挑む人にとったら冒険であり新たな挑戦であり人生そのものっていう感じなんですよね。
*はなママ*さんがおっしゃったように、今回は棄権して正解だったと思います。
本人も後悔してないし、次に気持ちが向いてますからね。

正直、応援する側も楽ではないです。(^ー^;)
でも、なにか目標に向かっている人を見ると放って置けないですよね。あはは。

2015/10/08 (Thu) 12:34 | EDIT | REPLY |   
patakko  
Re:春桜さんへ

春桜さん こんにちは。

えーー!!??
私とパタ君との間に絆を感じましたか??
r(^ω^*)))テレマスナ

>パタくんは走っている中で、どんなことを考えているのでしょうね。

聞いたことがあったので、そのまま書きますね。
どうしてこんな大会に出ちゃったんだろう。
せっかくの休みなのに、なんでこんなキツイことしているんだろう。
あー早くゴールしてー。って思ってみたり、

この景色最高!あそこのブドウうまかったな~。
次のエイドでは、あれ食おう。
今は音楽きくのやめて自然と一体になろう。とかそんなこと思っているそうですよ。
基本、走っている時って暇なんですって。
なので、誰か入れば話ししたいなって思うみたいです。

えーーー??(*ノェノ)キャー
本当ですか??私、素敵ですか??
うわぁーーー嬉しいです。(≧∇≦)

私は、おせっかいな部分があるので誰かの為になるような事をしたい性格なんですよね。
パタ君は、自分でやるより人にやってもらいたい性格なので、
お互いに性格が合うんですよね。
かといっても、サポートが完璧かと言ったらそうじゃーないですけどね。
結構、いい加減だし。私。

いままでに、2人で大きな壁に1度ぶつかった事がありました。
でも、パタ君の根拠の無い自信というか落ち込まない性格が良かったのか、
今では、壁を乗り越えてへっちゃらーになってます。
私一人だとすぐに逃げちゃうけど、そんな私を厳しく叱ってくれるのがパタ君で、
お互いに無くてはならない存在です。

なんか、嬉しいです。
春桜さんからの言葉。あったかいです♡
私も、胸が熱くなりました。

2015/10/08 (Thu) 12:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply