30
2013

神秘的で魅力的な“櫛形山”

CATEGORY登山

6月29日(土) 櫛形山へ登ってきました

総距離 約15km/ 高低差1000m/ 行動時間 約5時間
伊奈ヶ湖駐車場へ車を停めて出発
櫛形山1
標高で見るとさほど高くない山ですが 高低差が1000mあり
グーンと登って グーンと下る まさしく“山”って感じの山
櫛形山w2
標高1500mに差し掛かると ガスって来ました
櫛形山3
ここから 神秘的で魅力的な櫛形山に変身です
櫛形山4
しっとりとした空気 静かな空間 時々聞こえるしずくの音
櫛形山5
あまりにも上ばかり見すぎて 木の根っこに引っ掛かり
思いっきりダイブする私 それぐらい魅力的
櫛形山6
所々 ひっそりと咲いている花 奥ゆかしい
櫛形山7
しばらく歩き進むと
櫛形山8
山小屋
櫛形山9
櫛形山ほこら小屋に到着
櫛形山10
先に水場へ行き 給水タイム
櫛形山11
ものすっごく冷たくて 美味しいみたいです
櫛形山12
山小屋はとても広くてキレイ
櫛形山13
ノートに記して 小屋を後にします
標高を稼ぐと共に ガスが濃くなってきました
櫛形山14
あまり距離が開き過ぎない程度に立ち止まり写真におさめます
櫛形山15
苔がいい雰囲気だしてます 踏まないように足を運びます
櫛形山16
両サイドには可愛いお花が咲いてました
櫛形山17
苔や花をみながら歩き進むと 櫛形山山頂へ到着
櫛形山18
気温がグンとさがり 静止すると体が冷えてしまうので
短時間で切り上げます 
櫛形山19
樹齢300年のカラマツの木 
櫛形山20
「300年という時間 どのようにして過ごしてきたのですか?」と
木に話しかけたら「暇でした」と返答がありびっくり 
パタ君が代理で返答してくれたようです
櫛形山21
次の目的 “アヤメ”を見に行きます
櫛形山22
野生動物の被害予防の為 ネットの合間から覗き込みます
以前は 一面アヤメで埋め尽くされて居たそうですが 
年々減ってきてしまっているそうです
櫛形山23
裸山へ立ち寄り
櫛形山24
下山開始です
櫛形山25
神秘的で魅力的な風景を
櫛形山32
脳裏に
櫛形山26
焼き付けながら
櫛形山30
標高を下げていきます
櫛形山27
途中の展望台 見事になんにも見えません
櫛形山28
この写真を最後に
櫛形山29
駐車場まで トレランで楽しみながら下りました

櫛形山 サイコ~♪



いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment