15
2016

『すぎ茶屋 生かりんと(6本セット)』を試してみた感想

CATEGORYモニター

モラタメで、『すぎ茶屋 生かりんと(6本セット)』が当選し、我が家に届きましたので早速試してみました。

20161115131732e7e.jpg

【商品の説明と特徴】
201611151313106fd.jpg

すぎ茶屋の生かりんとは一風変わった柔らか食感。油で揚げる工程を短時間にしているので、油が染み込まず、あっさり味に仕上がっています。それにより、一層黒糖蜜の風味が際立ちます。生かりんとに使用している黒蜜糖には、 阿讃山脈(徳島県側)で取れたものを厳選した阿波和三盆糖を使用。コク深い美味しさで緑茶はもちろん、コーヒーにもよく合います。



【かりんとうのイメージ】

かりんとう

かりんとうと聞いて思い浮かぶ事といえば、①硬い②軽い③歯ごたえがある。
あとは、年配の方が好む味で、午後のお茶のお供って感じ。
でも、食べたいのにかりんとうが固くて食べるのを我慢しているおばあちゃんの印象が強い。

【すぎ茶屋 生かりんと実食】

生かりんと

早速、開封して頂きました。
ちょっと衝撃と言うか、新しい食感と味に「おぉ!」って思っちゃいました。

具体的に何が衝撃だったかというと、かりんとうのイメージとは反して柔らかい。
それに、しっとりしていてちょっと洋菓子っぽい感じがしました。
味は、濃厚な黒糖の後に鼻から味噌風味が抜けていき、新しい食感でした。

【感想】

おしゃれな感じがするので、贈り物に適していると思います。
歯の弱い方でも大丈夫なので、かりんとうが好きなおばあちゃんにあげたいなって思いました。



おかっぱ「時々、モラタメでモラったりおタメししてます」







      いつもありがとうございます
1.jpgにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログバナー20
    にほんブログ村  人気ブログランキング


web拍手 by FC2

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment