16
2015

烏川渓谷緑地水辺エリアを散策①橋⇔人面岩


梓川サービスエリア(下り)のドッグランの続き。

* * *

9月5日(土)

この日は、パタ君のトレーニング兼お出かけの予定で家を出発しました。
目的地は斑尾高原&黒姫高原エリア。

前日に予定をびっちり立てて就寝。出発予定時刻に起床。
急いで支度をして1時間遅れの朝6時過ぎに出発となりました。

この時点でやる気モードが減少していたパタ君。
それでもと、気合を入れていつでも走れる準備をするパタ君。
でも、連日の追い込みトレーニングの疲労が顕著に現れてました。

気が乗らない時に山に入るのは山に失礼だし、やめたほうがいい。
ということで、急遽、安曇野エリアに立ち寄ることにしました。

* * *

8時30分。
まったくのノープラン。
一先ず、あずみの公園に行ったけど9時30分からで入れませんでした。

あと1時間あるしどーしよーかと思った時、
烏川渓谷”の文字が見えたので行ってみることにしました。

ちょうど管理人さんが事務所のカーテンを開けて準備されていたので、
挨拶済ませて管理棟周辺をチェックします。

烏川渓谷3

犬連れ~と注意書きがあったので確認をします。

烏川渓谷81

最低限のマナーを守ってね。という内容と、
愛犬マナーボトルを活用してね。というメッセージでした。

烏川渓谷80
(1本拝借。)

烏川渓谷82

他に、マナー袋や足洗い場もありました。

烏川渓谷4

* * *

いざ出~発!の前に、初めての場所なので地図を撮っておきます。

烏川渓谷2

見にくいので、拡大して歩いたコースをなぞってみました。

地図1

吊橋を渡ると、まっすぐな道と左右にわかれる道に出ます。

烏川渓谷1

橋からみる

烏川渓谷5

地図左側の①エリアに向かいます。

烏川渓谷7

この日は、流れが早かったので見るだけ~にしておきました。
この時点で「やっぱ俺ダメだ。車で寝てる」とパタ君。
せっかくだけど、別々の時間を過ごします。

烏川渓谷8

バイバイした後は、
吊橋から見て右側②の人面岩方面に歩いていきます。

烏川渓谷9

すぐ側には渓谷。常に川の流れを聴きながら歩きます。
さくらは色んな香りに大興奮。

烏川渓谷10

この時間帯に逢ったのは、
週3回程健康の為に歩かれている陽気なおじさまのみ。

烏川渓谷11

こんな最高な空間を独り占め~。
なんとも贅沢なんだろう。

烏川渓谷12

烏川渓谷13

普段、せかせかと歩く私達もちょっと立ち止まって深呼吸してみたり、
木々の間から見える渓谷を眺めたりします。

烏川渓谷15

烏川渓谷14

展望ポイント1つ目は、上から渓谷を見ることが出来ます。

烏川渓谷16

烏川渓谷17

2つ目の展望ポイントからは、人面岩を見ることができます。
ちょうどさくらが立っている場所から下を見るとありました。

烏川渓谷18

烏川渓谷19

私が撮ると微妙ですが、肉眼では人面岩に見えました。
これも、自然が織りなす造形なんだな~。と見入ってしまいました。

烏川渓谷20

この先も行けるようでしたが、一旦ここで折り返します。

烏川渓谷21

さくらを中心に、右側に車両が通れそうな道。
左側は来た道。真ん中の道が魅力的だったので帰りはココを歩きます。

烏川渓谷22

烏川渓谷25

少しづつ色づき始めていて、季節の変わり目を感じれます。

烏川渓谷24

みずみずしい苔。潤ってます。

烏川渓谷26

上を見ると葉っぱがキラキラと輝いていて、
そよ風が吹くと踊っているみたい。

烏川渓谷27

足元には、力強く土を持ち上げにょきっと生えるきのこ。

烏川渓谷28

やっぱり気になる土の中。なーんにもなかったけどね。

烏川渓谷29

かなりローペースで歩いたけど、あっという間に橋まで来ちゃいました。

烏川渓谷33

橋の中間辺りに貼ってある紙。
どうやら天気が良ければこんな感じで見えるみたい。

烏川渓谷34

烏川渓谷35

見事曇ってて見えませーん。でした。
残念。

橋を渡る手前で、先ほど逢った陽気なおじさまの姿を発見。
どうやら管理棟奥の方にも遊歩道があるみたい。
時間もあるし、歩き足りないので行ってみよ~!




      いつもありがとうございます
1.jpgにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログバナー20
    にほんブログ村  人気ブログランキング


web拍手 by FC2

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment